まゆと伊豆

予約は当日の朝10時までOK★1日1組限定★個人で伊豆の歴史を観光ガイドしています!より伊豆が楽しくなるブログ書いてます!

柱状節理って何?~伊豆市堀切をブラリ(2023.11.30版)

柱状節理とは?

私まゆが勝手にジオの花形と呼んでいる柱状節理(ちゅうじょうせつり)

伊豆にはたくさんありますよ!

で、マグマが固まる?って最初私は何言ってるんだかピンと来ませんでした。

絵のように山の中で1000度あったので、噴火してマグマが外に出たら、例え外の気温が30度だったとしても、マグマからすると、マイナス970度の世界なので、マグマ界(そんな世界あるのか?)からすると、外は急速冷凍庫なんですね。


伊豆の柱状節理を見に行こう!

伊東市城ヶ崎海岸

とにかく有名なのが伊東市城ヶ崎海岸

溶岩も成分がその時によって違うので、黒っぽい柱状節理がここは特徴です。

 

伊豆市湯ヶ島 浄蓮の滝

年末の紅白でもすっかりおなじみになった石川さゆりさんの「天城越え」にも出てくる浄蓮の滝。

実はしっかり柱状節理があるんです。

 

 

伊豆市堀切をブラブラしてきましたぁ!

そのコースを紹介します。

今回のルートは?

まずはルートはこんな感じです!

今回は雄飛滝を目指して行きたいと思います!

スタート!でもいきなり腹ごしらえ

スタート地点

狩野川記念公園の前の交差点からスタートです。

ここは国道414号線で、三島方面から伊豆市修善寺温泉や天城湯ヶ島など伊豆の南へ行く道で、車通りが多いです(伊豆にしては)

狩野川記念公園のご飯が安過ぎるっ。

なんて言いつつ昼メシ

前から気になっていた狩野川記念公園でご飯を出掛ける前に頂きます。

 

 

雄飛滝へ!

林を抜けると見えてくるのが、

白鳥山を見てほしい!

白鳥山です(2023.4.11撮影)

(あれ…?白鳥山、柱状節理が削り取られている…?2021.9.10撮影)

これは火山の根による柱状節理です。

残念ながら私有地の為、近くへ行って見学するには許可が必要ですが道路側でも充分見ることはできるかと思います。

(車も人通りも少ないどころかゼロなので、のんびり見る事ができるかなと思います)

火山の根による柱状節理って何やねん。

ところで、火山の根による柱状節理ってなんやねーーーんって思った方。

まずは火山の根をどうぞ。

そして、もう一度柱状節理をおさらい。

で、この合わせ技?火山の根による柱状節理とは…

なんとなく分かったでしょうか?

日本じゃないみたい

さらに進むと、こんな光景が…

 

にっ、日本じゃないみたいっ…‼︎(伊豆です)

ここは観光地ではなく、本当に何もない場所ですが、緑の中をのんびり歩くだけでも私は癒されます。

今思うと伏線がスゴかった…

こんなふうに別れ道に来ました。

 

左へ進みます。

最後はちょっとだけ上り坂が続きます。

ふっと横を見ると、道路脇に柱状節理疑惑のモノが…!

いや、これ柱状節理確定でいいですよね!?

ちなみにわたくし、集合体恐怖です。

柱状節理をあまりじっくり見れないのですが。笑(そんなジオガイドがいたっていーじゃない!)

あまりにも綺麗に整列しているので、人が作ったものかと疑ってしまいます。

風化されて柱状節理特有の六角形が崩れたり、バラバラに揃わなくなっていますが、人工的に作られたものが風化したのかなとさえ思ってします。

そして、この柱状節理は序章に過ぎませんでした。

雄飛滝着!そして…衝撃の事実!

到着。

最後だけちょっと足場が悪めの階段を下ります。

ちょっとだけ見えてきたっ!

え、ええーーーーーーっ。

見た瞬間、ちょっと笑ってしまいました。

滝全部が柱状節理じゃん!

とっても見事です。

ジオサイトじゃないからこその穴場スポット

でも、ここ、ジオサイトじゃないんです。

むしろ説明看板一切ありません。でも、自然が作った綺麗な滝ですよ!

若干不安な橋を渡ります。

(ちなみに中伊豆の某所でこんな橋を渡ったら突然底が抜けて、壊れて?右足を泥だらけにして家に帰った思い出がよぎりますが、大丈夫でしたぁ!)

橋を渡ると、こんなほこらがありましたっ。

ちょうど夕日が傾く時間で、滝の上に夕日がっ!

もしかしたら夕日と掛けているのかなと思いました。

おまけ

帰ろうと思ってGoogleマップを見ていると、近くにカラス平遺跡なるものを発見。

徒歩10分だし、歴史好きな私からすると「遺跡」というワードに興味を持ち行ってみることにしました。

時刻は4月の4時半。なぜか急に風も強くなり、この雰囲気に少し不安になります。

Googleマップが言うにはこの道を左とか。

ええ、ああ。おおーーん。

 

Googleマップ「目的地に到着いたしました」

なんもねぇーーーーーーーー!

で、Googleの口コミを見ると、私の知っている人なのですが、その人曰く「縄文時代中期の土器が出土した」とのことですが、看板も何もなく詳細は一切不明です。

あとがき

歩いた歩数

この日歩いた歩数は、23,651歩でした。

ほぼ舗装されている道、坂少なめなのでスニーカーの軽装で大丈夫です。

歩くの嫌な方はシェアサイクルどうぞ

でもこんな歩けないわという方、もちろん車で行くのもありですが、雄飛滝は駐車場がないので、個人的にはシェアサイクルをオススメしたいです。

ひとつはハレノヒサイクリングさんで24時間貸し出しOKでE-bikeなのでラクに行けます。この近くでしたら、大仁駅でどうぞ!

更に安く済ませたいなら、先ほどの狩野川記念公園さんでも自転車貸出をしています!

なんと1日520円!

ただし、E-bikeは扱っていないようなので、体力やお金と相談して決めるのがいいかと思います!

このコースに向いている人

◯観光地化されていない、ひと気のない静かな場所に行きたい

◯昔ながらの田園風景や田舎風景をゆっくり眺めてたい

◯柱状節理が好き

ジオサイトに登録されていないけどスゴい!穴場スポット行きたい

◯軽装でも山や緑とふれあってリラックスしたい

------------------------------------------------------------

合わせて読みたいモノ

ところで伊豆はなぜこんなに柱状節理が多いのか?火山が多いから。

なんで伊豆は火山が多いのか?

伊豆の自然ってすごい!ということでコチラをどうぞ。

 

mayu-egawatei.hatenablog.com

 

ところで地図を広げると、伊豆市の隣りに伊豆の国市という文字が…!

ややこしい⁉︎でも、伊豆市伊豆の国市も良い街。

どちらの街もよろしくお願いします。

 

mayu-egawatei.hatenablog.com

 

 

 

-------------------------------------------------------

参考

https://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=3428

https://izugeopark.org/wp/wp-content/uploads/2018/03/n_nakaizu_shuzenji_asahidaki_90_80.pdf

http://naganokai.com/futoukaigan/

------------------------------------------------------

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村