まゆと伊豆

予約は当日の朝10時までOK★1日1組限定★個人で伊豆の歴史を観光ガイドしています!より伊豆が楽しくなるブログ書いてます!

江川太郎左衛門?江川英龍?坦庵?(2022.9.11加筆)

英龍さんのことを調べていくと必ず分からなくなってしまうのが、

 

江川太郎左衛門

と書いてある資料があったり、

 

江川英龍

と書いてある資料があります。



 

 

この違いを説明すると、

f:id:mayu_egawatei:20211123060334j:image

 

その家を継ぐ人が代々、太郎左衛門と名乗るようになります。

(ちなみにこれは26代目から始まります)

 

なので、韮山反射炉を作った英龍さんのお父さんおじいちゃんも太郎左衛門と名乗っていたのですが、

江川家の中で一番有名なのが英龍さんなので、いつしか太郎左衛門=英龍さんのことを指すようになりました。

 

名前を代々受け継ぐことを世襲と言います。

また坦庵(たんなん)という名前も持ち、

これは絵や書をするときの雅号、ペンネームのようなものです。

f:id:mayu_egawatei:20211123061102j:image

f:id:mayu_egawatei:20211123061157j:image

また地元の人は親しみを込めて担庵さんとも呼んでいたそうです。

 

これで、名前の違いが分かっていただけたらうれしいです。

 

 

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村